昔から下駄屋 『へっぱく庵』戸部田はきもの店

getahanao.exblog.jp ブログトップ

合唱コンクールの経過報告

さてQ大学は、教育学部の教授にもお話しがいってて、
本日 大学側とのパイプ役の山○くんと 実際のプロジェクトにかかわるM子ちゃんと
中学側の窓口である教頭先生にどのように進めていくかをお話ししてきました。



話し合いには、校長先生、教頭先生、教務主任の先生。
こちらは上の2人と私です。

はっきりいって 子どもたち 忙しいです!
先生方もそのなかで実行委員会の活動時間の確保が難しいとのことで
お互いにどういうタイムスケジュールで
どんな風に子ども達と大学生の接点を持たせるのかで
話し合いは難航しました。

でも、話し合うって大事です。顔と顔、同じ空気
学生側は、子どもたちの可能性と意欲に思いを寄せ。
先生は大きな組織の中の子どもたち(部活、受験)など、こどもを取り巻く
様々な環境から、実際にできるかどうか?現実的な意見。

いや~先生方も大変です。 でも、このプロジェクトを進めることが
子ども達にとって、いい経験になること、
厳しい時間の中でなんとかやっていく方向で先生方への企画委員会に
提案してみるとのことでした。

話し合うって大事。 そこには見えない熱意があったし、
先生方の子ども達や、他の教職員の先生方への配慮など
自分本位な考えは まったく無く

はっきりいって、 見習い「はぁ・・・わかっちゃいたけど・・・

              大丈夫か?アタシ・・・
                   でも 絶対いいものになるはず!がんばれ ぢぶんっ!」って感じです


ま とにかく 第一回目の話し合いは、お互いの思いや、考え方、などの
認識ができたので ほんと よかったです!

 合唱コンクールプロジェクトチームは できます!やりまっせ!!

※関連記事はこちら
[PR]
by getaya_komachi | 2009-06-26 20:44 | 地域
line

創業87年目...だけど


by getaya_komachi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30