昔から下駄屋 『へっぱく庵』戸部田はきもの店

getahanao.exblog.jp ブログトップ

お建て替え、メンテナンスについて

左↑↓は、お持ち込み時
右↑↓は、出来上がり

生まれ変わって、再びコーディの1片を担う♪

昨今のふだん着物ブームを受け、お手持ちの下駄や草履のおたて替えのご相談が激増しております。

着物を着始めたものの、はきものは?

ご実家などの下駄箱から おばあさま、おかあさまの草履や下駄をみつけたものの鼻緒はボロボロ、台は殆んどダメージがなさそう。鼻緒のすげ替えをしたら履けるかな?と

お持ち込みでご相談にいらっしゃいます。

鼻緒はおたて替えできますが見た目はダメージのない連歯の下駄。じつは、古いもので歯の部分が継いで有るものは、接着剤が劣化し作業中に歯が天の板からポロリと外れたりします。

お電話でのお問い合わせで、よくお話させていただくのですが、まずは見せていただかないとできるかどうか?はっきりお答えできないのです。

特にお草履は、見た目は立派な物なのに、裏を開けてみると鼻緒の芯がボロボロに劣化、台の生地(コルク)が割れていたり、一番上の部分がまるまる剥がれたり…。残念ながら手の施し用の無いものも少なくありません。

ただ、昔のものは手が込んだ作りが多く、現代では手に入れたくても入らない加工もの(籐表、爬虫類等の貴重品、塗や彫、螺鈿細工)もたくさんあります。また、代々受け継ぎ、大切にする気持ちもとても素敵な事だと思い、私の時間と労力の許す限りお手伝いしたいと思っております。

メンテには、通常の2倍以上の手間と時間がかかります。基本的には 【お預かり→作業→お受け取り】と言う流れとなります。中には一月以上かかるものもございますので余裕をもってのご相談をおねがいします。
c0076385_10365525.jpg

[PR]
by getaya_komachi | 2015-03-12 10:36 | お知らせ
line

創業87年目...だけど


by getaya_komachi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30